会社の求人で人材でないのに嘘の報告をしてはいけません

求人は会社の戦力になる人材を求めて広く一般から募集する事を言います。

応募者は、その会社の仕事ができる事が問題になりますが、その中で一番仕事の出来る人材を会社は履歴書などを参考にして探します。

経験などを考慮して選考し応募者に面接日を通知する事になります。

応募から1週間して会社から連絡がなければ選考漏れを考えなければなりません。

その選考者の中から順次、面接をして更に選考を絞られることになります。

面接日から1週間経過しても連絡がない場合は不採用と考えたほうが良いです。

会社の選考基準は、その会社の職種の経験年数や年齢が考慮されるのは間違いのない事です。

その会社に採用されるために履歴書等において嘘を報告しますと会社に迷惑を掛けますので、それは厳禁です。

また嘘の報告で採用されましても配置において会社は、その経験年数に応じた部署に配置しますので仕事が出来ない事から本人は退社をしなければならない事になってしまいます。

そのような事から、その会社で仕事が出来るという嘘の報告は本人は勿論の事、仕事を続ける事は難しくなり、会社は再度、募集と言う事になりますので迷惑が掛かりますので嘘の報告は断じてするべきではありません。